18歳以上であれば自覚するべき法律です

法律

18歳以上であれば自覚するべき法律です

18歳以上であれば自覚するべき法律です。
それが道路交通法と言う法律です。
つまりは自動車を運転する場合には特に自覚する事が求められる法律と言う事になります。
当然ですが、整備法に則った車両を運転と言う事が前提です。
そして必ず、道路の左側通行と言う事になります。
逆走と言う事になり違反です。
罰則の対象になるだけでなく、事故を起こします。
そして当然の事ながら速度も厳守と言う事になります。
つまりは法定速度と言うのがあります。
道路上に標識がありますが、その標識の数字が法定速度と言う事になります。
そしてその法定速度を守らなかった場合には、罰則となります。
その罰則も超過速度により、罰則金が異なり、自動車免許の点数も失効されると言う事になります。
そして、ある一定の期間、自動車を運転する事が認められないと言う事になります。
万が一にも、自動車免許の点数が全て失効となった場合には、無免許と言う事になりますが、それ以上に、定められた期間は免許取得行為も認められない状況と言う事になります。