私たちの生活の中で身近な法律です

法律

私たちの生活の中で身近な法律です

私たちの生活の中で一番身近な法律と言えば、日々使用している自動車があります。
毎日使用している訳ですから、それほど問題はと言う、これが大きな間違いで、かなり深刻な自動車事情と言えます。
自動車を運転する前に自覚しておかなければならないと言うのがしっかりと道路交通法、つまりは道路上に於ける法律を守っているかと言う事です。
自動車を運転する場合には免許が必要です。
もし仮に、18歳未満だったり、それ以上の年齢でも、自動車免許を取得しないで自動車を運転した場合、この場合は無免許運転と言う事になります。
そして、つまりは道路交通法違反と言う事になり、罰則の対象と言う事になる訳です。
そして、その行為と似たような場合です。
仮に友人の自動車を借りた場合です。
そしてその自動車が万が一に交通事故に遭った場合です。
確かに自動車を貸した人も運転免許を取得し、借りた人も運転免許を取得していますが、これも自動車を所有している人の車両ではないと言う事で罰則の対象と言う事になります。

パソコンを買った時の状態に戻します

札幌 税理士
相続税や会社設立・不動産向けの税務相談など幅広い業種の会社経営などをサポートしています。

斎藤税務会計事務所なら融資審査が圧倒的有利

ビジネス・出版翻訳をしてくれる会社は

税金の仕組み、わかりますか?

最新記事